ブランキー ジェット シティ。 ブランキー・ジェット・シティのロックンロール ー 時代が変わる瞬間の真実

📞 3104丁目のDANCE HOLEに足を向けろ 「3104丁目のDANCE HOLEに足を向けろ」を初めて聴いたときの衝撃は、今でも鮮明に覚えてます。 「冬のセーター」と「BANG! 普通の人間なら嫌がるっていうか、耐えられないというか。

12

😅 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 気に入らないぜあそこの窓の ガムを噛んでいる陽のあたる あの娘のことが好きなのは レンガで出来た5階建ての 心のドアを開けその中でみつけた いちご水を入れた透明なビン ハートにヒビが入るほど 海賊は頭にバンダナを 神様あなたは純粋な心を オレンジ色に光ってる キスしてくれないか僕の 彼女は今まで一度も海を 生まれたのが地球で偶然 ボーヤいつまでも泣いて 彼女は今とりこんでいる 感情があって悲しさはそれの ガソリンの香りがしてる 空を飛びたいのさ 君はきっと世界で一番ステキな 君の手のひらに大切なものを 猫が死んだ僕の大事にしてた 失敗したぜオレのこの人生 夕焼けの色が本当の世界 私の彼はドラマータイコ 茶色い瞳の奥にある もしも僕がこの世界に生まれて スーパーマーケットの ブランコの前で待って Saturday night おまえを乗せて 悲しくはないうれしくはない 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し JEKYLEとHYDEのTROJAN このままいったら当然頭が 僕は時々想うこの世界で一番 俺は悪い心を持っている いいだろうオレのこの 甘いブルーのダンプカーが 夢に見た街どこにあるのか オレは車で凄く危ないスピンを どこまでも続くこの道を SWEET MILK SHAKE She is Crying ひとりぼっち スクラッチという町で愛を スパゲッティーを食べてる今 オモチャの兵隊が流されて 愛が終わる時涙がこぼれたら 教会への階段真ん中に座り 小さな恋のメロディという映画 行方不明のオレの恋人は 戦場へ行きたいアミアゲの ノイローゼになってしまった メロンソーダとチリドッグ 得意げな顔をして君に話すのは ゾンビが愛を告白する時 CHINESE RESTAURANTで 紅茶に砂糖を入れて思い出に 太陽が死んで空が笑ってる 刺激的な夜へ行こうぜ ガソリンスタンドに住みたい 彼女は目を閉じて夢を見たり 薄目を開けて見ていた ある日ミリンダが朝がたの 新しい国が出来た人口 グラグラのMARIJUANA 街はあふれているよカワイイ 誰とでも寝るようなそんな モデルガンを握り締めて 見ろよ不良少年 静かな森の奥を突きぬける 笑顔を浮かべたドラゴンの 寝る前にブルーのジェット機に プラネタリウムでハッパを 愛してたあいつのこと 街はずれビルの屋上から Cadillac Candy green ピストル突き付けられ もしも誰かを愛したら素直な オレのアヒルを殺さないで 別に人生がつまらないわけじゃ むちゃくちゃな想像力で 真冬にコートを着込んで 港区にあるクリーム色の このドアを開けたら悲しさも涙も 無表情で立ってたんだ雨の国道 両手に荷物をいっぱい抱えた 夜の飛行機見上げながら シェパードを連れたパンク あい色のシャツを着たロメオ 悪いひとたちがやって来て. 「それは僕が決めたわけではないんです。

3

👀 だから結構、メンバーはリクエストには応えてくれてるんですよ。 「そう、だからロンドンで同じ釜の飯を喰って過ごす時間も長かったんですよ。

😀 とりあえずメンバーが向かう道を邪魔したくないな、っていうのがあったので、そこに関しては交通整理してあげなきゃいけない。 (TBS)• 15才• 昨年あたりから、そろそろやらなきゃな、とは真面目に考えていたんです。 いいチームでした。

2

😁 SHALLOW WELL 2010• 2017年03月12日 - J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE• 最後のツアーが楽しければ楽しいほど後が辛くもなる。 浅井は藤井フミヤに『マリア』という曲を提供している。

🙄 2015年05月23日 - GREENROOM FESTIVAL '15• だからなるべく翁長さんの背後をキープして(カメラを)まわしている時は、あまり発言もしないようにしようと。 解散ツアーとなった2000年5月~7月の『LOVE IS DIE DIE IS A CHANGE』の模様を描いたドキュメンタリー『VANISHING POINT』である。 1992年11月、初期の代表曲となる「悪いひとたち」をバンド自身の事務所である東京ピストルよりシングルとしてリリースした。

10

💋 言葉じゃない衝動みたいなもの。 その時の心境はこうだった、っていうのを映画の製作中に翁長さんにメールしたんですよ。

3