乳がん ドレーン。 乳腺炎ドレナージ

😙 乳腺を取ってしまうと、当然、乳房はなかが空っぽになってしぼみますが、代わりにあとで挿入する人工乳房(インプラント)のために皮膚を伸ばすティッシュエキスパンダー(組織拡張器)を入れるので、ふくらみが失われることがありません。

18

🖕 個々の患者さんや施設によって異なることがありますので、郭清省略の条件については主治医にご確認ください。 血性の排液が色調の変化がないまま流出が止まった場合にも、ドレーンの閉塞が考えられる。 経過が良好であれば、手術1〜2日目から指や肘を動かす運動から始めることが一般的です。

👆 私のはまだ真っ赤で腫れていて、とにかく傷の周辺がとても痛いのです。 術後にドレーン(排液管:貯留した体液を体外に排出するためのチューブ)を挿入することもあります。 万一、感染が起こると排液は濁り、異臭がすることがある。

11

💔 患者が痛みや不安などから処置の最中に動くことがないよう、手を握ったり処置が終わるめやすを伝えるなどの声かけを行う。 そして患者自身が余生をどう過ごすのかを考え、よい最期を迎えられるよう支援していきます。

9

😔 腋窩リンパ節を郭清することは、乳がん細胞が転移をしているかどうかを調べるために非常に重要です。 クリップが入っていてもMRIへの影響はありません。 まれではあるが、腋窩ドレーンがリンパ節郭清で露出された神経などと干渉して、疼痛などの原因となることがある。

11

😎 そのため、ドレーンという細長いチューブを手術部位に差し込んで留置し、浸出液を外に排出させます。

💋 手術は全身麻酔で行います。

16