アーク ナイツ へ ラグ。 【アークナイツ】戦地の逸話「無名氏の戦争」に登場するへラグやパトリオットの素性について

🤘 カランド山を聖山とした宗教の巫女。 ドクターが戦争に加わることを望んだ者たち全員が、実は大きな過ちを犯していた、そう言う他ない。 前衛オペレーター:どうして……。

5

😔 パトリオット:将軍、あなたは、これから、どこへ行くつもりだ? ヘラグ: ロドスへ。 機会は一度だけ、今晩だ。 かつてはウルサスに忠誠を誓っていたものの、現在は時間がそれを奪ってしまったとのこと。

6

💖 アザゼルを再建出来るのであれば場所は何処でも良いとのこと。

4

✆ 自身が感染者ということからもウルサス内での感染者の境遇を憂いており、生き残るためなのであれば暴力もやむなしという態度を取っている。 無名氏の選択 レユニオンのリーダー陣を注意深く見てみると、非感染者への復讐を目的とする者、感染者として安住の地を求める者、など彼らの考え方が一枚岩ではないことが分かります。

11

🙌 ウルサス帝国に対して強い敵意を持っており、今回のレユニオンが起こした戦争に対してはウルサス帝国を正常な国家にするための正義の行いだとしている。 言い換えると、 「自分の信じる理念のために犠牲になった」わけです。

🤐 Scout:そう、勝利以外のものは見えなかったんだ。 ヘラグ自身から言わせれば自身は「戦いから逃げた臆病者」。

7

🤟 主犯格は、処刑しろ。

4