大堀 相馬 焼。 大堀相馬焼協同組合

😙 窯が変わり、浪江の原料も採ることができなくなった今、新しい素材でどうやって同じ色を出すか、伝統をどうつないでいくか、試行錯誤しながらベースを再構築しているところです。

🙃 そんな相談もたくさん寄せられてきました。 「土の産地=焼き物の産地というイメージがあるので、私自身も考えてしまうこともありますよ。

☢ お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願 いいたします。 」伝統とは、技と形を継承するだけでなく、時代に合わせて進化していくものというのが、陶さんの意見。

6

🐝 又、大堀焼から連想して後半に生まれた名産品が、である。 10の力があるとして、7や8の基準で妥協をしないということ。

🐲 」 「これは顔を向かい合わせて対になっていて、ペアカップとして結婚祝いや記念日に喜ばれていますね。

8

🙄 2011年3月の東日本大震災と原発事故により、23軒あった窯元はすべて町外へ避難を余儀なくされましたが、一部の窯元は各地で窯の再建を果たしているほか、協同組合としても以下の業務を継続しています。 浪江町役場の敷地に道の駅をつくる構想があり、その一角に工房とギャラリーのある組合拠点をつくろうと町と協議しています。 生活ニーズに合わせた制作品に伝統が生かされている作品などはカッコいいし、湯呑みや茶碗など和物はさすがで何といっても落ち着きます。

8

😜 筆法は狩野派になっています。 10代目が考える『伝統』と『大堀相馬焼』 「大堀相馬焼はこれら大きな特徴がありますが、300年以上前、焼き物がはじまった当初は白くて、ごくごくシンプルな形だったんですよ」。

17

🤗 「二重焼」 内側と外側の器の間が離れているため、熱いお茶を入れて手に持っても熱さが手に伝わりません。 今はあまりそういったことを考えても、自分の力ではどうしようもないので、この環境の中でできることを精一杯やる。 06)NHKラジオで初めて大堀相馬焼を知りました。

🙂 そして伝統を継ぐためには、新しい創作に挑戦することも必要だと小野田さんはいいます。 1つ1つ手書きで描いているので、大堀相馬焼のファンの中には、見ただけでどこの窯元かわかる方もいるんですよ。 職人の手書きによる名入れも承ります。