ジョディ フォスター タクシー ドライバー。 タクシードライバー (1976年の映画)

😂 トラヴィスは浄化作戦を実行に移す。 。 気のすすまない英雄〜ベッツイー〜エンド・クレジット (追加演奏)• 黒人への差別や大統領選挙では時代の状況を描いていると思いますが、当時のアメリカを生きていない自分にとっては深く理解できませんでした。

20

😙 四日目には、「アイリスとトラヴィスだったら台詞以外にどんなことしゃべりながらご飯食べるの?」とアドリブを延々とやらされたそうで、 その時、聡明すぎる13歳は理解したそうです。 自分自身の感性が変ってしまったこともあって、映画館で見たときほどの衝撃や感動はなかったが、やはりジョディがこの年齢でこの作品を撮ったことの幸運は信じることができる。 こういった作品は、ともすれば俳優次第でガラッと評価が転じてしまいそうな危うさがありますが、ロバート・デ・ニーロの存在が『タクシー・ドライバー』をさらに一つ上のステージに押し上げているということは言うまでもありません。

18

🤛 監督は、浮気した自分の妻の殺害を仄めかすタクシーの客として出演している。

2

😭 トラヴィスがテレビ番組『アメリカン・バンドスタンド』を観るシーンで流れる曲は、の "Late for the Sky"(『』に収録)。 それがこの物語のテーマだ。 それからしばらく後、この街から逃げ出したいと先輩のドライバーに漏らしていたトラヴィスは、娼婦として働かされているアイリスの姿を再び見掛けたこともあり、自らの手で町のゴミを掃除しようと考え始めるのでした。

15

⚛ この役を受けるにあたり「友だちにからかわれる心配はなかったか?」という質問には、「ホットパンツに大きな帽子とサングラス。

12

👊 2012年3月14日閲覧。