公務員 ボーナス支給日。 地方公務員のボーナス・賞与はどのくらい?夏・冬の平均支給額や支給日についても解説

👎 2020年地方公務員 一般行政職 のボーナス年額 約149. 事前にいくらぐらい引かれるのか計算しておけば、明細を見てがっかりしないかもしれません。 そのため、ボーナスを支給しなくても違法ではなく、実際に企業によってはボーナスを支給していないところもあります。

17

☯ ただ、ボーナスの計算のすべてを理解していなくても、 基準日とボーナス支給額の関係を知っておくことで、育休や退職などの時に、少しお得にボーナスをもらうことができます。 夏のボーナスの支給日は6月30日 冬のボーナスの支給日は12月10日 地方公務員は支給日を自由に条例で決めることができますが、ほとんどが国にならって同じ日にボーナスを支給していますね。

9

☘ 次に 民間企業の夏のボーナス支給額について説明したいと思います。

👌 支給する企業の場合、就業規則に賞与に関する規定を定めるのが一般的。 東京都の場合、 配偶者は6,000円、子は9,000円です。 人事院は、「国家公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させる」ことを基本としていて、これを 「民間準拠」といいます。

18

☺ 支給日と違って、土日や祝日と重なっても基準日がずれるということはありません。

10

😁 国家公務員のボーナスは民間の給与事情をもとに、法律によって決められています。

13