上尾 市 食中毒。 食中毒に…中学生700人、教員18人が 上尾の5校で発生、給食にウエルシュ菌 2884人が食べる(埼玉新聞)

💖 1 有症者の発生状況等 ア 喫食者数 2,884名 イ 有症者数 718名 ( 生徒700名、教員18名)入院者なし。 左欄のメニュー「中学校給食」まで行くと掲載が確認できますが、なぜ「新着更新情報」に記載しないのかは全く不可解です。 しかしながら、民間企業に業務委託しているため、中学校の教職員にしてみれば、各学校の給食室は「不可侵エリア」となっており(衛生面での配慮もありますが)、どんな方たちが働いているのか、施設・設備はどうなっているのかについては、全くわからない状況となっています。

5

🙄 144 🔷メディアで報道された内容とは ヤフーで伝えられたのは、です。 2月18~24日 *保健所が共同調理場と当該2校に調査に入り、衛生管理や調理工程の確認、喫食状況の調査を行ったが、保存食からは、食中毒原因菌は検出されなかった。

🤐 中学11校のうち体調不良者が出たのは2校だった。 ウ 有症者の発症日時及びウエルシュ菌の潜伏期間から、2月17日(水曜日)に提供された給食が原因とされること。

8

🤞 教育委員会では、引き続き、生徒の健康観察を丁寧に行うとともに、学校の安全と衛生管理の徹底に努めてまいります。 児童生徒は当分、弁当を持参することになるという。 17日の給食のメニューは、広東めん、手作り山海しゅうまい、スイートポテト、牛乳だった。

😄 再開にあたり、鴻巣保健所の指導に基づき、再発防止に向けた指導・研修、施設設備の点検・清掃等を2月28日 (日曜日)までに実施し、衛生管理を徹底することで、学校給食の安全が確保できると判断しました。

5

😚 給食は市内の協同組合東部給食センターが運営する「四季亭八潮工場」が調理しており、当日の献立は鶏のから揚げ、ツナじゃが、海藻サラダと、ごはん、みそ汁だった。

☺ イ 有症者の主症状が、ウエルシュ菌によるものと一致したこと。

💖 上尾市は2月19日から26日まで給食の供給を停止すると決めました。

6