災害 時 データ 無制限 モード。 ドコモ、台風19号被災者の速度制限を11月末まで解除

⚐ 「今月はデータを使いすぎた!」 という方は、是非データ高速モードを活用してみましょう。 受付手続きの緩和 2020年7月28日(火曜)から2020年8月31日(月曜)までの期間、今回の災害により携帯電話を破損、故障、紛失された、またはドコモ光が利用できない期間があった対象地域のお客さまに対して、お客さまが対象地域のドコモショップに来店し手続きを行う際、本人確認書類に不足があった場合であっても、後日、本人確認等をさせていただくことを条件に受付手続きを行います。

5

🤙 「ドコモ光」等に関する一部機器の無償提供• ケータイプラン• NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルは、7月3日からの大雨に伴う支援措置を発表した。

8

🌏 例えばドコモでは、災害拠点病院や市役所・町村役場など重要拠点をカバーする「中ゾーン基地局」において、停電から72時間以上稼働できるようにする取り組みを進めています。 災害現場などの携帯電話の電波が届かないエリアへ通信中継局機能を持つ複数のドローンを飛行させ、平常時と変わらない通信を可能とする。

10

🖐 関東地方の4都県に加えて、九州地方の3県でもドコモショップの時短営業が行われることになった。 (優先電話を窓口電話としていたため、災害時に優先電話への着信が殺到し、実質的な利用ができない状態(他の要件で通話中であったり、発信しようと受話器をとると着信電話が繋がってしまったりする)も過去に発生しておりますのでご注意ください。

🤔 (更新情報:2020年7月30日 午前9時00分時点) 実施期間を延長しました。 通常、優先電話は、優先電話からの「発信」が「優先」されます。 MNOと同レベルの支援策を求めるのは難しいかもしれないが、MVNOならではの工夫を凝らした対応を期待したい。

19

⚓ また、優先電話からの 「発信」は 優先扱いされますが、技術的な点から優先電話への 「着信」については 通常電話と同じ扱いとなります。 7月31日まで、容量超過後の速度制限を解除 KDDIは7月15日、 令和2年7月豪雨の影響で被災・避難している利用者の情報収集の支援策として、7月15日から7月31日までの期間、 auにおける契約プランのデータ容量を超過しても通常速度でデータ通信を利用できるよう、通信速度制限の解除を順次実施すると発表しました。 (1)「5Gギガライト」「ギガライト」、「ベーシックパック」、「ベーシックシェアパック」、「ビジネスベーシックシェアパック」、「ケータイパック」のお客さまは、7月分につきましては「災害時データ無制限モード」の発動までに利用したデータ量に応じたご利用料金が適用となります。