モンテーニュ エセー。 モンテーニュの「死の教科書」(1989.10)

🤜 ところで、〈それは彼だったからだし、わたしだったから〉という、ある種有無を言わせぬいい方については、アンドレ・ジッドが異議を唱えている。 お祭やお祝い事の最中にも、我等の境遇を思い起こさせるこの繰り返しを常に口づさもう。 こういうところが、いい意味での彼のエゴイズムだと思う。

14

🚀 「死は避けられないものである以上、死がいつ来ようと、どうでもいいではないか」という大悟に達するまで、いかなる経験と思考を重ねたのか。 - モンテーニュ - 我々の苦悩の中でも最も歓迎できないのは、自分の存在を軽蔑することだ。 、、からの引用がしばしば補強として用いられる。

🐲 1284• 15 私は旅行に出る理由を尋ねる人があると、いつもこう答えるようにしている。

20

♨ 私たちが現在読む『エセー』は、そうしたモンテーニュの読書の成果に他ならない。

17

🙂 そんなこともあって、先週は山極寿一さんのゴリラ本を堪能していました。

👀 『エセー』を気軽に味わうための格好の案内図となる一冊がある。

3

🤚 フランスの教育と文化に及ぼす影響は依然として大きい。

🤣 ページを開いて読み出したり、ここぞと読みこんでいくときの速度や深度に、ばらつきが出るのです。 武術アクター坂口拓の『狂武蔵』の電光石火の手際に感心したのがきっかけで、次に朝倉海を、ついで元パンクラスの船木誠勝が淡々と語るものを見て、一気に関連映像を渫った。 保苅の書物を愛読してきた一人として、この新刊にはひときわ大きな感慨を誘われた。

20