ポルトガル 代表 フォーメーション。 ポルトガル代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? C・ロナウドにJ・フェリックス…他国が羨むスター軍団

🤜 今回は「EURO2020ポルトガル代表の戦力と注目選手を解説」と題してお伝えしました。 ポルトガル代表EURO2020の見どころ 個性派攻撃陣を影で支える汗かき役 タレント豊富な攻撃陣に注目が行きがちなポルトガル代表ですが、中盤にチームの汗かき役となれる選手がおり、チームにバランスを与えています。 両サイドバックに攻撃に定評のあるサイドバックを配置し、サイドから攻撃にアクセントをつけ得意のカウンターへと繋げます。

⚐ それぐらいインパクトがあったのだ。 1962 Chile• 強みである高い決定力を誇るロナウドを攻撃に専念させ、ハードワークできる選手を組み合わせながら攻撃と組織的な守備をミックスさせた戦い方をチームに植え付けました。

10

✋ 1990 Italia• ポルトガル代表は前回の2016大会では低調なスタートを切ってグループステージ3位から決勝トーナメントに進出しました。

16

🙂 前回のEUROで初優勝に大きく貢献した衰え知らずの絶対的ストライカーが、36歳で迎える今大会で再びチームを優勝へ導くことができるか注目したいと思います。 Copa FIFA Confederaciones• だが、面白かった。

7

👇 写真はEURO1996でのパウロ・ソウザ。 決勝トーナメントでも苦しい試合を制して決勝まで勝ち進み、チームワークで優勝候補のフランスを破り念願の主要大会での初優勝を果たしました。 ポルトガル黄金世代の象徴だった。

2

👍 クラブレベルでもバルセロナ(1995-00)、レアル・マドリー(2000-05)、インテル(2005-09)で数々の栄光を手にした ロナウドと両翼を担ったフィーゴは圧巻だった。 5大会連続7回目の出場• 2010 South Africa• またスタミナ切れを起こさない運動量も彼の特徴で、攻守に貢献できる選手として現在のポルトガル代表にとって欠かせない存在です。 2006 Germany• この時のポルトガルのサッカーは、それ以前とも以後とも少し違っていて、ある意味極端なほど技巧に走っていた。

8