ちば シティ バス。 ちばシティバス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

👏 の南東部に位置する千草台団地の主な足となる路線であり、全線が千葉市特殊区間制1区均一運賃の短距離路線 大人210円、子供110円 ICも同額 である。

😘 JR千葉駅から郷土館経由で川戸へ向かう路線である。 両者はいずれも海浜幕張駅〜イオンモール幕張新都心を通るので、比較的捕まえやすい車両と言えるだろう。 2006年10月16日には大幅に本数が増やされ、利用客には「大増回」と案内された。

8

🔥 同駅発時刻を基準に、午前は千葉経済大学先回り、午後は市営住宅(二丁目)先回りで運行する。 稲62:稲毛駅西口 - 高洲一丁目 - 幸町団地 - ガーデンタウン• 一部便の千葉中央駅への乗り入れを開始。

4

✌ 系統番号が「川戸19」から「千21」に変更。 愛称は一般公募により制定(『(作:)』から由来する)。 12月1日:美浜ニューポートリゾート方面の路線を新設し運行開始。

💙 2014年9月12日:千葉大学病院 - 川戸都苑 - 大宮団地を廃止。 それはまるで新車の導入がなかった10年間の鬱憤を晴らしてやろうと言わんばかりに・・・。 2016年12月15日までは千葉中央線として千葉中央駅 - 中央二丁目 - 千葉駅東口から穴川駅 - - 間を「千23」系統(本社移転前までは「中央18」)として運行していた路線であった。

✊ ルネグランマークスの停留所放送の際に「このバスは稲毛海岸駅(稲毛駅)行きです」という誤乗防止の放送が流れる。 2005年初頭より各路線に系統番号が導入されたが、当初は「幸町12」・「新16」・「川戸19」のような終点ないしは経過地名と数字を組み合わせた方式であった。 JR千葉駅西口駅前広場からの路線バス JR千葉駅西口駅前広場から運行する路線バスを掲載しています。

1

♻ 1991年6月12日:[京成]千城台駅 - いずみ台ローズタウンを開通。 2006年の公務員住宅線短縮や星久喜線延長に際し、当該路線のみ「稲51」・「千21」のようにターミナル駅側の記号を用いた方式に変更され、2008年4月の本社移転の際に全ての路線に系統番号が付与された。 :休日のみ4往復に減便。

12

👍 これにより、終点付近の利用者が激減し、以後、土休日の運行が中止され、日中の便を検見川浜駅へ振り向けて新規利用者の取り込みを狙ったが状況は好転せず、大幅に減便されるという経過をたどっている。

✌ つ11 :都賀駅 - 植草学園大学•。

19