週刊 新潮。 ニセ赤報隊実名手記事件

📞 3月11日号で、「『毎日社長拉致』で新聞が書けなかった『社内抗争』と『ホモ写真』」(ノンフィクションライター)との記事を掲載。 AKB48総合プロデューサーの秋元が1億1000万円の損害賠償と謝罪広告を求めて訴える。 これに対し朝日新聞は、見出しが事実に反するとして新聞広告の掲載を拒否した。

9

⚒ 山口瞳の「男性自身」(1963年 - 1995年)は長期連載となった。

19

☘ 週刊文春と「似たような雑誌」と思われている週刊新潮ですが、実は社風は全然違う。

3

👍 2008年1月31日、大阪高裁は「虚偽の事実を示し、冷酷な殺人者であるとの強烈な印象を与えた」として賠償金額を150万円に増額し、訂正広告の掲載を命じた。 78年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、同年文芸春秋入社。

👍 2009年1月22日号で、自民党のが、知人女性に議員宿舎のカードキーなどを渡して宿泊させていたと報じる。 2012年9月20日号で、「時代の寵児(ちょうじ)『』研究」の「『』の原点となった『振り込め詐欺』の金! 2003年10月23日号で、について『八王子スーパーで3人射殺と報じられた強盗犯の恐るべき正体』とする記事を掲載。 2018年4月13日閲覧。

2

⚒ 小室圭の父親の死因を週刊新潮が暴露? 小室圭の父親の死因が話題になっていますが、はたして週刊新潮が暴露した内容とはどのようなことだったのでしょうか? 週刊新潮は「小室圭の父親が謎の死」として取り上げたようです。 それも、強制的だったと言われています。

🤑 2006年7月13日号と2007年2月1日号で、「を殺害した」報じられた男性から3000万円の損害賠償訴訟を起こされる。

20

💢 おとこの秘図(作、1976年1月1日号 - 1978年8月31日号)• 2007年7月19日、大津地裁は「記事の表現は行き過ぎの面はあるが、逸脱した内容ではない」として獅山の訴えを退けた。

🚀 は、記事内容は事実無根であるとして、と連名で週刊新潮編集部に文書で抗議をおこない、訂正記事の掲載を要求した。 プレスリリース , , 2009年9月4日 , 2014年11月1日閲覧。

18