進撃 の 巨人 30 巻。 『進撃の巨人』30巻感想 「二千年前の君から」「二千年後の君へ」

🤫 さらに、今回のメインである、 電子書籍が 計33万冊という超膨大な作品が配信されている、 ……. 4年前、ヒストリアの手にキスをした時にエレンが見た記憶は、グリシャが見たエレンの未来の記憶でした。 「二千年前の君から(122話)」から「二千年後の君へ(1話)」である。

10

📱 スポンサーリンク 120話「刹那」あらすじ モンゲェしたエレンの頭部をジークがキャッチ(接触)したことでエレンは座標に辿りつきます。 グリシャの記憶を追体験しているだけで、その場に肉体として存在していないからです。

6

🤔 エルディア民族の奴隷だったのがユミルというひとりの少女であると。 座標の空間に戻ってきたジークは、始祖ユミルにすべてのエルディア人の生殖能力を奪うよう命じ、ユミルは座標に向かって歩き出します。

18

✊ 特にエレンは顎の巨人ガリアードや鎧の巨人ライナーを相手にして、思うようにジークのところまで近づくことができません。 さすがに約2000年前なので何ともだけど、いわゆる「エルディア人」の中にも「巨人」になれない者もいるのではと思ったり思わなかったり。 めちゃくちゃ聞き覚えあるフレーズだ。

12

👊 やはり彼はエレンの言うようにベルトルトの影響で脳がやられてしまっているようですね。

7

😀 そこにある命をこの世から駆逐するまで。 ジークは叫びでファルコもろとも巨人に変えてた。 情熱大陸でラストカット「お前は 自由だ」が公表されたとき、ええっっ??ラストは「いってらしゃい」ループじゃなかったの?原作の「いってらしゃい」はどうやって回収するの?って思いました。

😇 特にリヴァイは三次元の全男性の頸をも削ぐ勢いで二馬身以上離れられません。

12