インフルエンザ 死亡 者 推移。 [B! インフルエンザ] 図録▽インフルエンザによる死亡数の推移

☎ これは、インフルエンザが流行した年に通常年と比較して死亡者数が多くなった場合、それをインフルエンザによる死亡と見なす考え方である(具体的にはインフルエンザ以外の諸要因による死亡者数をベースラインとして推計して実際の死亡者数との差をインフルエンザによる超過死亡とする)。 動向予測 1 肺炎(図10,図11) 肺炎による死亡の中心は男子では85歳,女子では90歳ほどになっている.今後,高齢者数の増加はあるものの死亡率が減少していくため,肺炎による死亡者数は減少すると考えられる.2030年には死亡者は男子54,000人,女子42,000人程度になると予測される. 2014年10月1日から,肺炎球菌ワクチンが高齢者を対象とした定期接種となった.このワクチン接種の費用対効果を検討していく際には,現在観測されている死亡率の減少を十分考慮し分析する必要があろう. 図10. 例年の インフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。 東京オリンピックの1年延期が決まりましたが、 1年先にすべてが解決している気はまるでしません。

14

🖖 地域特性が認められる県の肺炎の平均死亡率比(1989-91年,2001-03年,2013-15年,15歳階級) 1989-91 2001-03 2013-15 一貫して高い地域 青森 男子 1. ) 昨今の鳥インフルエンザが脅威とされているのは、トリからヒトへと感染するだけでなく、このような大きな仕組みによってヒトからヒトへと感染する能力をインフルエンザウイルスが獲得し、ヒト間で感染が拡大する可能性が指摘されているからである。

🤙 コロナによる死亡者数はこれから増加するかもしれませんが、インフルエンザによる死亡者数がこれだけ減少していることから、医療現場での混乱が今後増えるとは考えられません。 Jain S, Kamimoto L, Bramley AM, Schmitz AM, Benoit SR, Louie J, et al: Hospitalized Patients with 2009 H1N1 Influenza in the United States, April-June 2009. すなわち、WHOのガイドライン 9)は、抗インフルエンザウイルス薬の供給が潤沢ではない国々にも向けたガイドラインと捉えるべきです。

🎇 4.第二波への対策は緩めるべきではありません H1N1インフルエンザ2009に対しては、今後も対策を緩めるべきではありません。 例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いるといわれていますので、今シーズンは約1000分の1に。 これが有効なワクチン開発が困難な理由となっている。

17

🖐 また、重症患者の30-40%は若年の健康小児や健康成人であり、しかも当初は軽症に見えても4~5日目に重症化することが多く、一旦重症化すると、しばしば24時間以内に挿管が必要になる例が見られました 17)。 比較的患者数が少なかったとされる昨季でも約728万5000人とされていましたので、500分の1未満となる大幅な減少をみせました。

9

♨ 特に高齢者についてはワクチン接種の有効性が高いことが確認されており、予防接種を受けずにインフルエンザに罹患した者の約7~8割の者は、予防接種を受けていれば罹患せずに済んだか、又は軽い症状で済んだとされている。 ここ10年で、1月以降に流行が発生したのは2015/2016シーズン(2016年第1週)しかありません。 さらに、検査したい人が検査しているため対象が若者に偏っており、死因を調べていないため致死率の高くなるはずの高齢者が新型コロナで死亡しても計上されないこともあるそうです。

17

🤟 米国に比べ人口が少ないといえども、数字が大きく違います。

10

😎 感染者の増加ペースが落ちてきた韓国をはじめ、あまり感染者の増えていないシンガポールや台湾は、日本より厳しい規制がかかっています。 N Engl J Med 2010; 362: 27-35. もちろん東京都だけで1千万人くらい人口があるのでいなくなりはしませんが。 「慢心」ではなく「希望」と捉える大切さ この冬「ツインデミック」、すなわち新型コロナとインフルエンザが同時流行することによって医療機関が大混乱し、失われないで済むはずの命がたくさん失われる事態が心配されてきました。