中国 高級 車。 中国で「高級車」販売が回復している背景事情

💅 日本にはプレミアムブランドのフラッグシップが複数存在することを考えるとわざわざ選ぶモデルではありませんが、日本に滞在する際に中国共産党幹部が使用したり、あるいは中国人セレブがあえて選択するというニッチなニーズは無きにしもあらずといったところで、もし見慣れぬ高級車を見かけたらそれは紅旗のH9かもしれません!. 紅旗ブランドは1950年代後半に国家の要人専用車を発表した由緒あるブランド。 2009年、中国建国60周年記念式典に向けた専用の ()が発表された。 その後改革開放経済下になっても、アウディやクラウンベースなどのモデルをラインアップしていたが、2014年にブランドデビュー当初のモデルの復刻版ともいえる車種がデビュー、習近平国家主席をはじめとする、政府要人車両として使われている。

☕ 中国は「58協定」(1958年に締結された国連欧州経済委員会〈ECE〉の多国間協定「車両等の型式認定相互承認協定」。 かつて華北地方の都市へ行ったとき、地元の富裕層は道路環境が良くないこともあるのかポルシェ・カイエンやレンジローバーなど、セダンではなく高級SUVばかり乗っていた。

12

⚐ 社用車として愛国心の強い経営者などにも根強い人気があります」 紅旗のセダンには要人用リムジン『Lシリーズ』と一般向けの『Hシリーズ』がある。 。

6

☮ 日本では誰も乗っていないので目立つことは確か。

1

🤔 日本人にとって漢字は身近な存在だが、自動車のエンブレムとしては非常に珍しく、実にエキゾチックで新鮮な印象である。 年間生産台数が4,000台しかないフェラーリ車は、中国での販売価格が300万元(約4,500万円)以上するが、年間の販売台数は100台にも上っている。 レクサスが中国市場への正式な進出を決めたのは2004年であった。

11

⚡ (後日これは輸入元が全く関与しない完全な偽物だと判明) 筆者は中国車研究を趣味とする息子とともに、「紅旗H9が本当に日本に上陸するのか?」、「いったい誰が輸入するのか?」、「並行輸入業者か? 日本の会社? 中国の会社?」などを調べることにした。 0Tモデルでは、2018年にメルセデス・ベンツ「Sクラス」が初めて搭載した48Vマイルドハイブリッドシステムを全グレード標準搭載。

7

🤚 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

19