捨てられた皇妃ネタバレ韓国。 漫画「捨てられた皇妃」最新話117話のあらすじと感想!ネタバレ有り

✇ 24時間しっかりと警護する。 物語の鍵を握るジェレミアの存在や伏線の数々 また『捨てられた皇妃』では、何かと話題にあがりながらも核心が隠され続けるアリスティアの母親であるジェレミアの存在も注目ポイントとなっています。

9

👉 また二度目の人生で、神から2つ目の名である「アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク」が与えられる。 十分お気をつけください。

1

🤝 読みはじめたら止まれない、ワクワクとドキドキが詰まった名作ですので、ぜひご覧ください。

🤛 あの細工工を連れてきた甲斐があった。 さて、プリンシアとカイシアンに、真っ赤な髪の赤ちゃんが生まれたとのことで、プリンシアはルブリスに挨拶に伺ったようですね。 その姿を見たアリスティアは、自分がいかに残酷な女なのかと実感し、そして得ることができなくなった幸福を目の当たりにし、ひどく傷つきました。

🤝 しかし、アリスティアの父親には警戒されて、剣術を学ぶように言われたり、アリスティアとの連絡を断たれるようなことも。

2

😇 前回の生で最後の息が切れるとき、もう二度と愛さないと決めたのに どうしてまたルブリスに心を開いてしまったのか ルブリスと自分はダメだということ、傷つけ合うことしかないということをわかっているのに でも、それでも、ルブリスを… 場面は変わり、剣の音が響きわたります。 そのため、アリスティアは物心ついた頃から自由などなく、皇后になるための教育を受ける多忙な日々を過ごすことに…。

4

👍 しかし、その後、アリスティアが皇后になるときに皇宮の湖に神秘的な少女・美優が現れ、事態は一変することになった。 すると、もう話は終わったのかとプリンシアが話題を変えた。