平成 二 十 九 年。 ・平成十六年度、平成十七年度、平成十九年度及び平成二十年度の国民年金制度及び厚生年金保険制度並びに国家公務員共済組合制度の改正に伴う厚生労働省関係法令に関する経過措置に関する政令(◆平成16年09月29日政令第298号)

📱 について平成十六年改正法附則第二十九条の二の規定により読み替えられた平成十六年改正法附則第二十九条第一項の規定を適用する場合においては、同条第二項の規定にかかわらず、平成十六年改正法第十四条の規定による改正前の昭和六十年改正法附則第八十七条第三項の規定によりなおその効力を有するものとされ、昭和六十一年経過措置政令第百十六条の規定により読み替えられた旧船員保険法施行令 政令第五十三号第四条の規定による改正前の船員保険法施行令 昭和二十八年政令第二百四十号 をいう。 附則 附則 この規則は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律(平成十七年法律第三十五号)の施行の日(平成十八年一月四日)から施行する。

☏ 3 委員会は、特に必要があると認める場合には、第一項の規定にかかわらず、口頭で意見を述べさせることができる。 一 事件名 二 法の規定に違反する被疑事実の要旨 三 関係法条 (検査調書) 第二十一条 審査官は、法第四十七条第二項の規定に基づいて同条第一項第四号の規定により検査をしたときは、検査調書を作成しなければならない。

10

☮ 今般、英国がEUから離脱したことを受け、令和3年以降も同国に対する同等性評価を継続させるため、本告示の一部を改正することとしました。 附則(令和二年九月二日公正取引委員会規則第四号) この規則は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律(令和元年法律第四十五号)の施行の日(令和二年十二月二十五日)から施行する。

12

🤟 (公示送達の方法) 第四条 委員会は、公示送達があったことを官報又は新聞紙に掲載することができる。 平成十六年改正法第七条の規定による改正前の厚生年金保険法 第五十条第三項 障害の程度が障害等級の三級に該当する者に支給する 障害厚生年金の給付事由となつた障害について国民年金法による障害基礎年金を受けることができない場合において、 第一項 前二項 附則第九条の二第二項第一号 四百四十四 四百八十 当該老齢厚生年金の受給権者が昭和十九年四月一日までの間に生まれた者であるときは四百四十四とし、その者が昭和十九年四月二日から昭和二十年四月一日までの間に生まれた者であるときは四百五十六とし、その者が昭和二十年四月二日から昭和二十一年四月一日までの間に生まれた者であるときは四百六十八とする。 及び第七項 同項の表以外の部分に限る。

15

👣 第四十三条第一項」と、同項第二号中「第四十四条第一項」とあるのは「改正前厚生年金保険法第四十四条第一項」とする。 これより建設局関係に入ります。

15

🍀。

3

✆ 引き続き地元の方々の理解と協力を得るよう努めてまいります。 また、平成二十四年度の豊洲新市場の開場に向けても欠かすことのできない路線でございます。

⚑ この規定に基づいて、平成28年10月21日に公布された告示(平成二十八年金融庁告示第四十八号)において、本邦規制と同等と認められる外国規制として、米国商品先物取引委員会(CFTC)、カナダ金融機関監督庁(OSFI)、オーストラリア健全性規制庁(APRA)、香港金融管理局(HKMA)、シンガポール金融管理局(MAS)が所管する規制及び欧州経済領域協定に規定された国に適用される規制を指定しています。 以下本条及び第三十条において同じ。 (意見申述等の方式) 第二十八条 第二十六条第五項の通知を受けた者は、指定された期限までに、委員会に対し、文書をもって同項第一号に掲げる事項について意見を述べ、及び証拠を提出することができる。

7

👍 があるときは、平成十六年改正法附則第五十二条第二項 同項の表廃止前農林共済法 平成十三年統合法附則第二条第一項第一号に規定する廃止前農林共済法をいう。 廃止前昭和六十年農林共済改正法の移行農林共済年金 平成十六年改正法第三十一条の規定による改正前の平成十三年統合法附則第十六条第一項の規定によりなおその効力を有するものとされた廃止前昭和六十年農林共済改正法 以下「廃止前昭和六十年農林共済改正法」という。

10