ペンタトニック ス。 ペンタトニックスの新作を全曲解説!新メンバーの素顔も明かします

🤩 2作連続で全米チャートを制する栄誉に輝きました。

18

☮ 2017年5月、ベースのAvi Kaplanがグループを脱退。 そんな彼らの魅力と最新アルバムの聞きどころを、長年ペンタトニックスを取材している音楽ジャーナリストの鈴木美穂氏に解説してもらう。 レーベル: Madison Gate• 実姉であるエスター・カプランもツアーとしてメンバーを支えている。

4

🤗 カースティン共作の爽やかな「ラヴ・ミー・ウェン・アイ・ドント」、レゲエ調の楽しいサウンドとシリアスな歌詞が対を成す、カースティンとケヴィンによる「リトル・スペース」、ミッチの歌声が彼らのハーモニーとビートと合わさって化学反応を起こしているドラマチックな「サイド」、ミッチとスコットとマットの共作で、米国メタル・バンドのシステム・オブ・ア・ダウンのヒット曲「B. 2014年9月26日閲覧。 発売日: 2018年10月26日• ピカチュウの帽子(?)を被っていたファンを見つけて、カースティンが思わず「メチャカワイイ!」と叫んでしまう一幕も。 2016年2月11日閲覧。

✊ 「コンニチハ!」や「アリガトウゴザイマス」どころか、「日本のみんなも一緒に歌ってください」と日本語でしっかりMCをしてくれる。 1月30日(木)の横浜公演を皮切りに、札幌、名古屋と続いた後、2月4日(火)のこの日は東京の国際フォーラム・ホールAにて開催(あとは6日(木)の大阪公演を残すのみ)。 長い髪とヒゲが特徴。

8

♨ Pentatonixは3年連続でグラミー賞を受賞するという快挙を成し遂げました。 メンバーが初めて正式に顔を合わせたのは出演オーディションのわずか24時間前であったのにもかかわらず、その唯一無二のスタイルと高い楽曲アレンジ能力が評価され優勝。

13

😜 オーディエンスの中には熱狂的な洋楽ポップス・ファンと思しき人も多かったようだが、あまり洋楽には詳しくないが、彼らのアカペラ+ヒューマン・ビートボックスを聴きたくて足を運んだという人も多かったはずだ。 他のメンバーの身長が非常に高いこともあり、いつも高いヒールをはいている。

18

😜 2018年4月25日閲覧。

4

🤣 学生の頃バインダーに日本のアーティストを挟んでいた。 ラゾーナ川崎でも公演。

12