手作り 缶 バッチ。 缶バッジ自作のサイト

🤘 CANバッチgood! 完成! 缶バッチ作りの注意点 缶バッチ作りにおいて、注意しなくてはならないのが、「著作権・肖像権の侵害」です。 コーティングは、シートを使わずに、透明ラッカーを絵柄の面にスプレーされたそうです。 缶バッチキットの中に同梱されている台紙から、型紙を切り抜• (左)業務用のマシンと(右)『Canバッチgood!』両者にらみあってます 笑 業務用とおもちゃのマシンは見た目は全然違いますが、後で書くように構造的にはほとんど同じようなものでした。

16

✍ お子さんのカバンなどにオリジナル缶バッチを付けてあげたりすると、喜んでもらえるでしょう。 オリジナルの缶バッチは、100均の手作りキットや缶バッチメーカーなどで手軽に作れることがわかったので、一度挑戦してみたいと感じた方もいるのではないでしょうか。 ピンク色のうさぎ耳キャラクターがデザインされている「マイコレ」シリーズは、セリアとキャンドゥの共通商品でした。

17

😊 57mmサイズの缶バッジカバーはどちらも10枚入りでした。 このサイトはバンダイの缶バッチマシンの『Canバッチgood!』を使って如何に綺麗な缶バッチを作ることができるかをまとめたサイトです。

6

☘ 台座の一番上に透明シートをセット• 上の写真では、44mm・57mm・77mmのカットした型紙を並べています。 もちろん、ご自身の好きなデザインで作成することができるので、もし大量注文を考えているのであれば、まずはWebで無料見積もりからしてみてくださいね。 当社ではステッカーをはじめとしての製作を請け負っていて、お客様からよく「1個から作ってよ!」「5個なんだけど作ってもらえませんか?」というご要望をいただいてますが、小ロットからとなっております。

15

⚠ もしくは100均で「缶バッチカバー」という商品も販売されているので、サイズが合えば缶バッチカバーを取り付けて、オリジナル缶バッチを保護するのも良いでしょう。

18

♨ 缶バッジカバーを並べてみるとデザインが異なるのがわかります。 穴が開かない程度にコンパスをのせ、うっすらと円を描きます。

12

⌚ ワッペン(アップリケ)を組み合わせる ハマナカのワッペンと缶バッジキットを組み合わせて使用しました。 この時、ちょっと長めに貼るようにしましょう。

👈 100均の缶バッチキットでオリジナルの缶バッチ作り 100均には缶バッチキットを売っているショップもあります。