エクセル 選択肢。 Excelユーザーの常識!今更聞けないプルダウンリストの作り方

👉 [ ドロップダウン リストから選択する] ボックスをオンにします。 この記事を読めば、エクセルのプルダウンを活用し、データを楽に・正確に入力する方法が分かります。

19

🌏 名前の定義をクリック 名前の欄に、定義したい名前を入力します。

18

😋 ここではあくまでもCHOOSE関数の使い方の例として書いています。 選択肢の削除 設定した選択肢の回答の解除・削除をする方法。 関数名や括弧などの記号は、半角で入力します。

9

🐝 プレビューの書式をクリックし、塗りつぶしから色を選択 最後にOKをクリックすれば、プルダウンメニューから達成を選択した時に背景色が付きます。

✋ 例えば、1段階目で「東北地方」を選ぶと、2段階目の選択肢で東北6県の名前が選択できるようにする場合、急に新しい県が増えて東北7県になるということはありません。 ここで活躍するのが前回説明した 「名前」の機能です。 「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• 元の値にデータを直接入力してプルダウンメニューに追加する方法 プルダウンを作成しているセルをアクティブにし、「データ」から「データの入力規則」をクリック。

1

👆 「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• Excelプルダウンの基本1:選択肢の数が少なく変更も少ない場合 例えば性別や血液型など、選択肢の数が少なく、また選択肢の変更もない場合は、「データの入力規則」画面の「元の値」欄にそれぞれの選択肢の値を直接入力する設定方法が一番簡単です。 こうしてデータのドロップダウン リストのソースとなるエントリを使用することができます。 最後に「OK」を押せば、プルダウンリストの完成です。

✌ [ OK] をクリックします。 2段階目の選択肢のデータを増やしたい場合も、減らしたい場合も、選択肢の元となるデータを入力したシートで操作するだけ。 元になる項目(例の場合、総務・人事・経理)も含めて選択します• 2段階目の選択肢は、1段階目で選択したデータと同じ名前がついた範囲をリスト表示したいので、を使って、「 左隣のセルに入力されたデータと同じ名前がついた範囲」が、ドロップダウンリストの選択肢として表示されるように設定します。

16