ドレミ コレクション。 大のバイク好き・つるの剛士氏が選んだZ900RS×ドレミコレクション=Z1スタイル│WEBヤングマシン|最新バイク情報

🙂 リヤフェンダーも新作だが、大型ウインカーやグラブバーをセットする部分でもあるため強度も考えての鉄製。

☘ レースをやりたいのなら他のバイクを選んだ方がいいだろう。

1

😚 車体装着時に適切なバランスとなるよう留意され、製品化までには幾度もの修正を経てきている。 燃料タンクも含めたプラットフォームがあって、デザインを変えた外装が載っていく。 アルミと樹脂の中間的な感じで、じつは柔らかい。

13

😔 どこかアメリカを感じさせる明るい雰囲気の店内が心地いい。 KSR110• 「ゼファー1100にも、弊社で扱ってきたZシリーズと同じようにパーツ製作をしようと思ったんです。 カワサキ・ゼファー現役当時に登場し、ほどなく高い支持を得る。

🤑 テンション下がりまくりですよ 笑。 旧車ほどの内部劣化はないとしてこれに前掲のキット代を足して1 00万円少しで往年のスタイルを楽しんでもらえればという部分も ある。

13

😆 それで外装の製作は、本当にコスプレなんです。 サイドカバー(エンブレム装着部)はZ1 Style各色を用意。 ZEPHYR750• ゼットワンという響きにピンとこない。

⚡ ゼファーがヒットしたのは永遠のスタンダードだったから。 テールカウルの装着にはフェンダーレスキットの使用が前提となる。

8

😊 CB1100Rのリプロパーツでもある。 それがホンダCB1100Rだ。 タンクはスチール製のため、車検にも対応。

16

⚐ 当時の定番、鉄製集合マフラーを彷彿させるショートタイプ4-1マフラーを装着する。 絶版逆輸入車の卸商としてスタートした。 」と武さん。

20