節分 124 年 ぶり。 実に124年ぶり「2月2日」節分、その理由とは 昔の日付の割り出し方は?(オトナンサー)

🤑 ちなみに、2021年の恵方は「 南 南 東 」です。 なぜこのようなことが起こるのでしょう。

📞 過去には、節分が2月4日だったこともあるそうです。 2020年2月3日(奇しくも2020年の節分の日当日ですね!)に発表された「令和3年(2021)暦要項」の中の「二十四節気および雑節」のページを見ると、2021年の立春は2月3日と記載されています。

5

😔 2017年と2021年の『立春の時刻』の違いは35分ですが、日付をまたいでいるため、『立春の日付』としては1日早くなるわけです」 Q. 2422日)とカレンダーの1年(365日)の差、つまり、6時間弱という端数のために年々遅くなっていきます。 太陽と地球の位置関係から、国立天文台が日付を割り出す現代はともかく、124年前も既に、現在と同じ方法で割り出していたのでしょうか。 (K). 金本位制を導入し、物価が安定、生糸輸出量は世界一に。

6

😭 担当者「ざっと紀元前数世紀というところかと思われますが、明確には判明していません」 Q. コメ消費拡大と恵方巻き きょう2月1日の新聞チラシは食品スーパーの恵方巻シリーズが目立つ。

18

💔 明日の「節分」にはコロナ関連法案で重大局面となる。

5

☺ 2022年以降は立春の日が2月4日に戻り、節分も2月3日に戻ります。 つまり、1年ごとでは1太陽年365. やはり元気の源は食だ。

14

👉 一方でアメリカ・ハワイ併合条約調印、ドイツの中国・山東半島一部占領など列強の足音は近づく。

12