キミノヨゾラ 哨戒 班 歌詞。 ボカロ曲「アスノヨゾラ哨戒班」「キミノヨゾラ哨戒班」という曲について質...

🤝 なので、キャプションにあるように「アメリカ在住のボカロP」ということがボカロファンの中で話題になりました。

💢 少年は臆病な性格だということが分かります。 一人きりだと自分は何もできない、という少年の弱さがここに綴られていますが、しかし、 このどうしようもない日々を壊して欲しい。

👉 そのくせ未来は怖くて、明日は嫌って、過去に縋って もうどうしようもなくなって叫んだんだ 明日なんてもう来ないでくれよって この曲の主人公「僕」は戦場で戦っている少年です。 北斗七星と言えば、一年中見られる星座なので、昔の航海などでは進路の目印にされてきました。 早速歌詞を解釈していきましょう。

🚀 君が隣にいたからです。

5

🐝 アスノヨゾラ哨戒班のPVで落下してるように描かれているのは女の子に見えます。 ひいらぎの解釈君がいてもいなくても翔べるなんて妄想だよ 君がいない、独りの状態では、僕は歩くことさえしないままで 孤独な風に君と一緒だったらと吐いた妄想だったんだ 君もいないこんな世界なら僕を壊してくれと願って、腕をもがいてしまったってできるわけもなくて 願ったなら叶えて仕舞えばいいのに、なんて君は僕に言ったんだ 僕は君と一緒に翔ぶことを知ってしまい、独りで翔ぶ怖さを知ってしましました。 君 kimi は ha 言 i って tte また mata 明日 ashita の no 夜 yoru に ni 逢 a いに ini 行 i こうと kouto 思 omo うが uga どうかな doukana 君 kimi はいないかな hainaikana それでもいつまでも soredemoitsumademo 僕 boku ら ra 一 hito つだから tsudakara またね matane Sky Arrow 笑 wara ってよう tteyou 未来 mirai を wo 少 suko しでも shidemo 君 kimi といたいから toitaikara 叫 sake ぼう bou 今日 kyou の no 日 hi をいつか woitsuka 思 omo い i 出 da せ se 未来 mirai の no 僕 boku ら ra. ボカロ曲「アスノヨゾラ哨戒班」「キミノヨゾラ哨戒班」という曲について質問です。

18

👣 この曲で言う敵とはつまり「未来」のことです。 未来に希望なんて持てなくて、ただただ誰かが描いてくれる夢を待ってるだけ。

15

👀 不安だったこと、どうしようもなかった日々。

16