スズケン 談合。 医薬品卸4社、14年から談合か 契約金2292億円に:朝日新聞デジタル

👎 これらの金額が薬価ベースなのか納入価ベースなのかは不明ですが、何れにしても膨大な金額です。 課徴金減免申請制度の導入から15年が経過し、様々な経験が実務家の間に蓄積されていますので、経験に基づいて具体的な対応を検討すればよいでしょう。

5

🤣 温度管理・使用期限・納品方法に一癖も二癖もあるスペシャリティ医薬品を地場卸が満足に安定供給できるかと言うと、元MSの私としては正直難しいのではないかと思っています。 ただし、役員・従業員が独禁法遵守を心掛け、独禁法違反に手を染めないと誓っていても、同業他社から誘われて執拗な要求に屈して談合・カルテルに巻き込まれてしまうこともあり得るでしょう。 公取委は昨年11月、検察への刑事告発を前提とした犯則調査権に基づいて4社を家宅捜索。

20

🖖 ちなみに、指名停止期間は2020年12月18日~2021年12月17日までです。

4

😄 求刑は罰金3億円 検察側の冒頭陳述によると、3被告は機構が運営する57病院に医薬品を納める2016年と18年の入札で、他社の担当者と都内の貸会議室や喫茶店で会って受注調整することを確認。 医薬品の流通をめぐっては昨年4月、「未妥結・仮納入」「総価取引」といった特異な商慣行を改善すべく、厚生労働省が「流通改善ガイドライン」の運用を開始しました。 何と、JCHOがアルフレッサ・スズケン・東邦の3社に対して指名停止を発表しました。

4

♻ 地場卸にとってはJCHOとの取引を広げる大チャンス! メディセオと同じか、あるいはそれ以上のビジネスチャンスが到来したのが地場卸です。 関係者によると、公取委は公訴時効を迎えていない16、18年の入札で受注調整をした容疑での刑事告発に向け、詰めの調査を進めている模様だ。 近年製薬会社から医薬品卸に対する売上マージンが減少していると言われている中で、各医薬品卸は少しでも多くの利益を得なければならなくなっております。

1

😔 公的医療機関とは、医療法第31条において、下記の者(団体)が開設する医療機関とされています。

12

😔 医薬品卸は失った信頼を取り戻せるのか。 ) が発注する医薬品の入札談合事件について犯則調査を行ってきたところ,独占禁止法に違反する犯罪があったと思料して,同法第74条第1項の規定に基づき,本日,アルフレッサ株式会社,株式会社スズケン及び東邦薬品株式会社の3社並びに前記3社で地域医療機構が実施する医薬品購入契約に係る入札及び価格交渉等に関する業務に従事していた7名を検事総長に告発した。 (2)排除措置命令・課徴金納付命令 本件において公取委は、事業者に対して行政調査を行い排除措置命令や課徴金納付命令を行うものと見込まれます。

😆 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

14

✔。 最近ではしていますが、今度はアルフレッサ・スズケン・東邦がリストラに踏み切ってもおかしくないです。 公正取引委員会は12月9日、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)の談合事件で、アルフレッサ、スズケン、東邦薬品の3社と、業務に従事していた7人を独占禁止法違反容疑で検事総長に告発した。