Dish 猫 歌詞。 あいみょん・DISH//【猫】歌詞の意味を解釈・考察【強がる彼の気持ちとは?】

⚓ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 彼女のいない日常と、どうしていいかわからないモヤモヤに、心がついていかない。 スポンサーリンク 歌詞 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで 作詞:あいみょん 歌詞の意味・解釈 1番 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け 楽曲では 「君」という大切な人を失った主人公の姿が、 あいみょんらしいまっすぐな言葉で描かれていきます。

19

😆 若いからこその失恋、別れの曲でしたが、 恋人との別れを機にその悲しい思いが良い方向に(大人の考えへと) 変わっていってもう同じ失敗はしたくない。

7

💙 頼りない僕だけど、いつかまた猫のように、気まぐれでもいいから フラッと戻って来てくれないかな?と願う。 そんな北村匠海さんが演じた『君の膵臓がたべたい』を観覧したあいみょんさんは 思春期から大人への辛く苦い恋の結末を歌詞にしたそうです。

9

😔 あいみょん「猫」2番サビ・歌詞の意味 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない。

8

♻ 「明日ってウザいほど来るよな」なんて荒い表現が、あいみょんがインタビューで語っていた 「男の子と男性の間」の主人公をさらに形作っているような気がします。 『君の膵臓をたべたい』との直接的な関係性は 私にはあまりわかりませんが、恋人との別れをテーマに書かれた悲しい詩 ということには変わりなく、あいみょんさん作詞作曲の『猫』は 『キミスイ』の高校生の頃の志賀春樹役を演じた北村匠海さんが 歌ってこその詩だなぁと思います。

16

😇 またいつか、戻ってきてくれたら 僕はまた幸せな日々を送ることができるから… とても切ない彼の思いが詰まった歌詞でした。 当時19歳のまだまだ若い北村匠海さんの心情に合った とても切ない歌詞でしたね。

16