タント エンジン 警告 灯。 ダイハツ車のエンジン警告灯が点灯した時の原因・対処法

✋ タイヤのパンク修理も無料• 警告 点検したときは、すみやかに停車しエンジンを止めてください。 その結果、 「O2センサー」の故障が原因ということ分かりました。

2

🌭 燃費に悪影響は出てしまいますが、今すぐに修理をしなければ危険が及ぶという部品ではありません。 費用相場は、国産車のO2センサーの点検と修理をディーラーに依頼した場合、部品代と技術料合わせて30,000~40,000円ほどになります。 下抜きの場合だと、上抜きで必要なオイルチェンジャー(5000円程度)が不要なため、安くオイル交換できます。

18

🙃 整備・点検の行き届いていない車は危険です。

🙃 命に関わることなので、点灯をしていたら、早めに点検・修理に出してください。 解除をしても消灯しない時は、走行中のブレーキが効かない恐れがあります。

8

😅 故障や事故に繋がる可能性があるので、無理をせずに点検・修理に早く出しましょう。 スポンサーリンク おわりに いかがでしたか? 今回は 「エンジン警告灯がついたり消えたり、消えたままの時の原因や対処法について」お伝えしてきました。

☢ 上記に書いたように、さまざまな警告灯がありますが、オイルランプ(油圧警告灯)は赤色で点灯します。 ハイブリッドシステム異常警告灯 EVの高電圧システム・冷却システム・電制シフトに異常がある時に点灯します。 また、環境性能を高めるためのパーツが日本車よりも多用されていることもあり、センサーの数も多くなってエンジン警告灯の点灯する確率が上がってしまうようです。

6