コンプトン 効果。 コンプトン効果

👣 [] このとき、以下の事に注意。 このグラフから以下の事柄が読み取れる。 , 37, p547~, 1926年) それは蛍光X線が発生する場合に、エネルギーは波動説に従った球面波の形ではなくて、方向を持った光子の形で放出される事を下図の様な装置で確認した。

☎ これは、散乱X線の偏光状態や散乱強度分布などを予言します。

14

☝ この角度変化は相対論的力学で計算できますので、入射電子の速度変化に伴う飛跡角度の変化を調べれば相対性理論が高精度で検証できます。

11

🤭 初めに、の対陰極を持つX線管からX線を生成し、次に生成されたX線をへ入射させた。 しかし、このときすでにボーテは不治の病(1957年に死去)に冒されており、講演は口頭では成されなかった。

10

😅 上記の現象を説明するために、BarklaはK準位の下にさらに他の吸収帯があるのであろうと考えて、これにJ系列(JはアルファベットのKの一つ前)の名を与え、それに対応する蛍光線が出るのであろうとの仮説を出していた。 尚、ここで言うアメリカの科学誌とは" "を指し、ドイツの科学誌とは" (、)"を指しているが、1900年と1905年のものは" "を指している。

😍 ブラッグ父子 以後,ブラッグとします は,これとは別な方法でX線の干渉を調べました。 この式から、 量子論を使えば光の波長が伸びることを説明できることがわかった。

9