パソコン 小文字。 パソコンで半角カタカナを入力する方法

💅 「Shift」キーを押しながら 「英数」(または「CAPS LOCK」)キーを押してみましょう! そうすると「CAPS LOCK」のランプが点灯または消灯が切り替わります。 一緒に覚えておくと便利ですよ。

18

👐 さらに、 すぐ下にあるSHIFTキーと同時押しすることで、小文字を大文字に切り替える機能を持っています。 【々、ヴ、ヶ、ゞ】といった特殊な文字も一文字で変換可能 今回の記事は色々な小文字入力に使える汎用性の高い入力の仕方、おまけで普段はあまり使わない特殊な文字の一文字変換について解説しましたが如何でしたでしょうか? パソコンを触り始めてまだ間もない方にとっては参考になったのではないかなと思います。

8

😎 人の名前だったり、地名だったり、何かの作品の名前だったりとで時々使うことのある文字たちです。 「CAPS LOCK」を使おう! キーボードに「CAPS LOCK」の表記があるはずです。 半角2文字分で全角1文字分になるので、ハンカクとハンが同じ長さになります。

1

✆ 159• なので普段例えば「SA」で「さ」を打ち始めたらいきなり大文字で「S」からスタートしてしまうんですよね。 隣同士に配置されているため誤入力しやすいことと、一度切り替わると再度ユーザーが操作するまで入力が保持されるため、「何もしていないつもりなのに大文字に変わった」ということがよく起こります。

11

☢ <目次> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Caps Lock(キャプスロック)とは アルファベットを入力すると小文字を打ちたいのに大文字になってしまう現象を経験したことはありませんか? これは Caps Lock(読み方:キャプスロック)状態になっているためです。

🖐 良ければぜひ見て行ってください。 文字入力がうまくできない現象として最も多いのが、このCaps Lockがかかっている状態です。 例えばWEBサイトのパスワード入力画面。

13

🤛 入力スペースが小さいときは、半角のほうが便利ですよね。 まずタスクバー右下、IMEツールバーのAまたは「あ」にマウスのカーソルを合わせ、右クリックし、表示されたメニューから設定をクリックします。

13

⚐ 今回はパソコンのキーボードが勝手に大文字入力になった場合の原因と対処方法を解説します。